スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ひこうせん未来障団連コーナー

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

「障害者週間」街頭啓発、無事終了

北九州市を障害のある人もない人も「ともに生きる」福祉の街にしよう!をテーマに参加32団体(内、協力団体5団体、市障害福祉課を含む) 総勢200人が、今年も市内4会場(小倉駅、旧東映会館、戸畑駅、黒崎駅)に分かれ街頭啓発を実施しました。

当日は、あいにくの小雨模様で市民の行き交いも例年に比べ少ない状況ではありましたがハンドマイク片手に市民へアピール、 小雨に濡れながら啓発用チラシを持ち各々分散、市民に訴えつつのチラシの配布。 参加者の熱い思いがあってか、予定どおりに終了することができましたことを、担当団体としてこの紙面を借りお礼申し上げます。

この企画が媒体となり、学生や民間企業の方々の理解が徐々に広がり、今年も一緒に参加していただいた事は、これまでの成果の一つであり、 今後の、私たちの励みとなり大きな力となっていることを改めて感じた日でもありました。 皆さん、お疲れ様でした。

チョッと勉強

障害者基本法第7条(障害者週間) 第7条 国民の間に広く障害者福祉についての関心と理解を深めるとともに、 障害者が社会,経済,文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めるため、障害者週間を設ける。

2.障害者週間は、12月3日から12月9日までの1週間とする。 3.国及び地方公共団体は、障害者週間の趣旨にふさわしい事業を実施するよう務めなければならない。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

 

ここまでサブコンテンツです。