スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

 

トップページ

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

団体の目的

 北九州市障害福祉団体連絡協議会は、平成10年(1998年)4月に市内の障害者団体及びボランティア団体によって組織されました。
 加盟団体は、平成28年4月現在、41団体で、各団体間の理解と連携を深めながら、障害のある人たちが地域の中で安心して生活できる「共生社会」の実現に向けて活動しています。

【報告】障団連が目指す条例案の素案を提出

条例素案提出

北九州市障害福祉団体連絡協議会(以下「障団連」という。)は、「障害者差別解消条例を作ろう!プロジェクト」を立ち上げ、事例検討や他自治体の条例検討など計9回の協議を重ねてきました。その後、常任委員会と加盟団体での最終調整会議を通して、障団連が目指す条例案としてとりまとめ素案を5月19日北九州市に提出しました。


団結しよう、小さな力から
団結しよう、小さな力から

更新情報

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

 

ここまでサブコンテンツです。